ニュース : 2017

メイ・ヤング・クラシック出場者32名発表!

この夏開催される、WWE史上初の女子トーナメント「WWEメイ・ヤング・クラシック」の出場者全32名の全貌が明らかになりました。世界各国から集められた個性溢れる32名の女子が優勝を競い合い、その模様はWWEネットワークで独占配信されます。

日本代表として出場するカイリ・セインは「どの選手も強豪、WWEユニバースの皆さんの応援が必要です。是非、宜しくお願いします」とコメントしました。

下記、出場者一覧です:

1. シェイナ・バズラー(アメリカ、サウスダコタ州スーフォールズ出身)
2. マーティ・ベル(アメリカ、ニューヨーク州ニューヨーク出身。ドミニカ共和国代表)
3. カイリ・セイン(日本、山口県出身)
4. メルセデス・マルチネス(アメリカ、コネチカット州ウォーターバリー出身)
5. ニコール・サボイ(アメリカ、カリフォルニア州サクラメント出身)
6. トニー・ストーム(オーストラリア、ゴールドコースト出身)
7. ミア・イム(アメリカ、カルフォルニア州フォンタナ出身。韓国代表)
8. キャンディス・レラエ(アメリカ、カリフォルニア州リバーサイド出身)
9. セイジ・ベケット(アメリカ、フロリダ州タンパ出身)
10. プリンセサ・スヘイ(メキシコ、モンテレイ出身)
11. ビアンカ・ベルエア(アメリカ、テネシー州ノックスビル出身)
12. テッサ・ブランチャード(アメリカ、ノースカロライナ州シャーロット出身)
13. セリーナ・ディーブ(アメリカ、バージニア州フェアファックス出身)
14. ヴァネッサ・ボーン(アメリカ、アリゾナ州スコッツデール出身)
15. タイナラ・コンティ(ブラジル、リオデジャネイロ出身)
16. カビータ・デヴィ(インド、ハリヤーナ出身)
17. レーシー・エヴァンス(アメリカ、サウスカロライナ州パリスアイランド出身)
18. レイチェル・エバーズ(アメリカ、ミネソタ州セントポール出身)
19. ジャジー・ガーベルト(ドイツ、ベルリン出身)
20. サンタナ・ギャレット(アメリカ、フロリダ州オカラ出身)
21. レイナ・ゴンザレス(アメリカ、テキサス州リオグランデバレー出身)
22. ダコタ・カイ(ニュージーランド、オークランド出身)
23. アビー・レイス(アメリカ、ワシントン州シアトル出身)
24. ザイア・リー(中国、重慶出身)
25. サラ・ローガン(アメリカ、ケンタッキー州ルイビル出身)
26. ルネ・ミシェル(アメリカ、ワシントンD.C.出身)
27. パイパー・ニブン(スコットランド、エアーシア出身)
28. ケイ・リー・レイ(スコットランド、グラスゴー出身)
29. アイーシャ・レイモンド(イングランド、ロンドン出身)
30. リア・リプリー(オーストラリア、アデレード出身)
31. ミランダ・サリナス(アメリカ、テキサス州ヒューストン出身)
32. ゼーダ(アメリカ、バーモント州リッチモンド出身。中国代表)

日本時間8月28日(月)に最初の1~4エピソード、9月4日(月)に5~8エピソードがオンデマンドで配信され、ラスベガスで行われる決勝戦は9月13日(水)午前11時よりライブで配信となります。

WWEスーパースターとして多くの軌跡を残したWWE殿堂者メイ・ヤングにちなんで名付けられた「メイ・ヤング・クラシック」は、同じくWWE殿堂者ジム・ロスを実況アナウンサーに、WWE殿堂者で4度のWWE女子王者としての功績を残すリタを解説に迎え行われます。

また、トーナメントの配信前には特別番組「Mae Young Classic: Bracketology(メイ・ヤング・クラッシック:トーナメント予想)」が日本時間8月21日(月)正午よりWWEネットワークで独占配信 されます。

→WWEネットワークの視聴方法はこちら


2017年7月25日
PAGETOP