English

RAW
#1249三つ巴の挑戦権争い

  • バックナンバー
  • 放送スケジュール
  • 放送スケジュール
視聴方法

RAW女子部門に女神が降臨

今週のRAWはカリフォルニア州サクラメントで行われた。ショーは新RAW女子王者アレクサ・ブリスの戴冠式でスタート。女子部門に所属する全員が見守る中で「女王の時代は途絶え、新しく女神の時代が始まった」とスピーチを始めたアレクサは、ライバル女子達に勝ち誇りながら語りかけた。しかし最後に皮肉られて怒ったベイリーがアレクサを壇上ごとひっくり返したのをきっかけに乱闘が勃発。アングルGMはアレクサ、ナイア・ジャックス、アリシア・フォックス、エマと、ベイリー、サーシャ・バンクス、ミッキー・ジェームズ、デイナ・ブルックの2チームに分かれて試合を行うと決定した。
試合が始まると、アリシアを孤立させたベイリー組はミッキー、デイナ、サーシャと連携しながら攻勢。粘ってサーシャをリング外へ放り出したアリシアは味方コーナーへ戻るとナイアと交代。その後はアリシアと連携したナイアがサーシャを徹底的に痛めつけてアリシアと交代。アリシアに踏みつけられながらも劣勢を脱出したサーシャがベイリーと交代すると、ベイリーは前夜の雪辱を果たさんばかりの猛攻を開始。捕えたアレクサを頭からコーナーに叩き込む10連打で痛めつけると、スープレックスで抱え投げて押さえた。これをナイアが入ってカットしたのをきっかけに、両チームから次々と援護が入って混戦へと発展。ライバル同士の排除合戦でリングが一掃された後、レフェリーの死角を突いたアレクサは目潰し攻撃を敢行。動きが止まったベイリーをDDTで沈めて連夜の勝利を飾った。

各試合詳細は携帯サイトで

PAGETOP