SMACKDOWN
#919オートンが最後の揺さぶり

  • バックナンバー
  • 放送スケジュール
  • 放送スケジュール
視聴方法

シェインとスタイルズが調印

今週のスマックダウンはバージニア州リッチモンドで行われた。レッスルマニア33直前となったこの日の大会は、コミッショナーのシェイン・マクマホンとAJスタイルズの祭典対決契約調印式でスタート。立会人のダニエル・ブライアンGMの紹介で現れた2人が席に着くと、まずシェインが「AJスタイルズはトップクラスの才能・実力・人気を誇る、文字通り驚異の男だ」と切り出しながらも「WWE王座を勝ち取ったのを境に自意識過剰になった。祭典対決ではベストを尽くして闘いに挑まなければ、レフェリーは勝者として俺の手を掲げることになる」と伝えてサインを交わした。
するとスタイルズは「確かに俺は驚異の男。たとえお前にカート・アングル、HBK、ストーンコールド、アンダーテイカーと対戦した経験があるとしても、俺ほどのツワモノを相手に闘ったことはない。お前を相手に俺の驚異ぶりを見せつけてやる」と返して契約書にサイン。シェインと同時に立ち上がったスタイルズがテーブルをロープ際へ押しのけてシェインと対峙すると、ブライアンGMは「握手で調印式を締めようじゃないか」と仲裁。しかしシェインが差し出した手を、スタイルズは無視して退場した。

各試合詳細は携帯サイトで

PAGETOP