2021.4.2

2021年WWE殿堂入りメンバー、一挙紹介!

日本時間411日(日)12日(月)に開催となるWWE年間最大の祭典PPV「レッスルマニア」に先駆け、2021年に「WWEホール・オブ・フェーム」ことWWE殿堂入りを果たしたメンバーを一挙紹介いたします!
(※4月6日更新)

今年の「WWEホール・オブ・フェーム2021」は昨年式典が中止となったものの殿堂入りが発表されたバティスタ、nWo、ベラ・ツインズ、JBL、デイビーボーイ・スミス、ウィリアム・シャトナー、そして獣神サンダー・ライガーを加えて日本時間47日(水)朝8時からWWEネットワークで独占配信されます!

◆モーリー・ホーリー
モーリー・ホーリーは結成したザ・ホーリー・カズンズやザ・ハリケーンと組んだ正義のヒーローマイティ・モーリーとしてWWEで活躍。2002年のレッスルマニア18では女子レスラーとして初のハードコア王座を獲得すると、2004年のレッスルマニア20ではビクトリアとの髪切りマッチで敗北してスキンヘッドを披露して人気を博しました。


◆エリック・ビショフ
ビショフは1991年にAWAの活動が終了すると、副社長まで上り詰めたWCWでは1995年にロウのライバル番組としてマンデー・ナイトロを開始。さらに自らも加入したnWoが空前の大ブレイクするなどその才能を発揮しました。2002年には電撃的にロウGMとしてWWEと契約すると独裁的な態度を取りながら「エリミネーション・チェンバー」のコンセプトなどを考案して活躍しました。


◆ケイン
処刑マシーン”“赤い怪物などの異名を持つケインは1997年に異父兄ジ・アンダーテイカーに復讐するためWWEに登場するとヘル・イン・ア・セル戦や棺桶戦での襲撃の末、19983月のレッスルマニアでは兄弟対決として激闘を展開。その後はアンダーテイカーとの抗争や後にブラザーズ・オブ・デストラクションと呼ばれる兄弟共闘して人気を獲得。2012年にはダニエル・ブライアンと仲間割れを繰り返すチーム・ヘル・ノーを結成してタッグ王座を戴冠するとファンから大きな支持を受けて活躍しました。


◆ザ・グレート・カリ
 “インドの大巨人ザ・グレート・カリは216cmの体格を武器に2006年にWWEデビューすると、ジ・アンダーテイカーやケインらと抗争を展開。2007年には20人バトルロイヤルを勝ち抜いて自身のキャリア初となるWWE世界ヘビー級王座を奪取するなど活躍しました。WWEでの成功によりグレート・カリは母国インドで数々の映画出演を果たすとレスリングスクールも開設し、インドの次世代スーパースターの支援しています。


◆ロブ・ヴァン・ダム(RVD)
1996年にECWに参戦したロブ・ヴァン・ダムは1998年にはECW世界TV王座を奪取して699日間の保持記録を樹立。さらにサブゥーとのタッグでECW世界タッグ王座も奪取して2冠王となりました。ECW崩壊後、2001年にはWWEに参戦するとアライアンスの一員としてWWEハードコア王座で躍動し、タッグ戦ではケイン、ブッカーT、レイ・ミステリオのパートナーとして人気を博しました。20064月にはPPV「レッスルマニア22」のマネー・イン・ザ・バンク・ラダー戦に勝利すると、同年6月のPPVECW’s One Night Stand 2006」では権利行使したWWE王者ジョン・シナを破って新王者となるなどWWEで活躍しました。


◆タイタス・オニール(ウォーリアー・アワード)
ウォリアー・アワードは2014年に設立されたアルティメット・ウォリアーの不屈の精神を体現する勇気と思いやりを持って生きる個人に贈られる賞で、オニールはWWEの歴史の中で最も慈善的なスーパースターの1人です。困っている家族や子供たちに特別な瞬間、プログラム、リソースを提供するブラードファミリー財団を設立するだけでなく、WWEアンバサダー、スーザンG.コーメン、ボーイズ&ガールズクラブ・オブ・アメリカ、スペシャルオリンピックスなどの非営利団体やWWEパートナーを通じて数千人の個人を支援しています。



  
WWEホール・オブ・フェーム2021」は日本時間47日(水)朝8時からWWEネットワークで独占配信!

また「レッスルマニア」は、日本時間411日(日)12日(月)各朝9時からWWEネットワークで配信され、後日J SPORTSオンデマンドで日本語版が配信!

WWEホール・オブ・フェーム2021」そして」WWE年間最大の祭典「レッスルマニア」どうぞお楽しみに!

WWEネットワークの詳細はこちら
WWEネットワークへの加入方法はこちら